水漏れで困らない修理方法

生活に欠かすことのできない水道から、水が漏れてきてしまった時に自分で修理できるようになれば、いつ起きても安心です。

新築の家ではプロの業者が取り付けてくれたばかりなので、水漏れすることは無いのですが、10年程蛇口の使用をすると、部品などが劣化してきて水漏れが発生しやすくなります。シングルレバータイプの混合水栓は1本のレバーを上下左右に動かして、水量や温度の調節をします。最近ではほとんどの、キッチンや洗面所で多く使われています。水を出している時に蛇口の周囲から水漏れしている場合は、長年使用することでパッキンが劣化してしまっているからです。パッキンはホームセンターで購入できますので、自分でメーカーや品番、種類を確認してから購入して修理に取り掛かります。

水道の元栓を閉めてドライバーでレバーを外します。モンキーレンチでナットやボルトをゆるめ、2か所にあるパッキンを両方とも交換します。部品を元に戻して水道の元栓を開けて水の出具合いを確認します。水道の蛇口を閉めた後なのに、吐水口からぽたぽたと水が垂れてくる場合は内部にあるバルブカートリッジが劣化しているからです。このバルブカートリッジもホームセンターで購入することができるので、メーカーや型番、種類を必ず確認して購入します。固定されているわけではないので、レバーを取り外して交換することができ、元に戻すと修理は完了します。簡単な様でも自分での修理に不安を感じる方は、無理せずに専門の業者に依頼した方が安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *