静岡で水道修理を依頼するまえにするべきこと

静岡で水道修理を依頼したいと考えるケースが出てくるかもしれません。

水が噴出していたり床がびしょぬれになっている、水が流れっぱなしになっているなどのような場合には緊急を要しますが、それ以外の場合には水道修理会社を呼ぶ前にやっておきたいことがあります。静岡で水道修理を依頼する前には、まず最初に元栓や止水栓を閉めることを頭に入れておきましょう。特に水が噴出しているとパニックを起こす人もいるかもしれませんが、このような状態では落ち着いて連絡をすることはできません。まずは元栓や止水栓を閉めて、状況を落ち着かせることが大切です。元栓や止水栓は、給水管にある1か所の水を止めるタイプと、家の外にある建物全体の水を止めるタイプの二つがあります。

トイレや洗面所などの給水管や蛇口などから水が漏れているのであれば、給水管に取り付けられている止水栓を閉めれば問題ありません。閉める場合にはドライバーで閉めるものと蛇口で閉めるものがあります。まずは一番最初にここを止めるようにしましょう。給水管の止水栓が見つからないのであれば、水道の元栓を閉めます。家全体の水道が使えなくなってしまいますが、水漏れにより床が傷んでしまったり、階下に水が漏れるなどの二次被害を防ぐことができるでしょう。静岡の賃貸物件に住んでいる時にこのような状況が発生したら、すぐに管理会社に連絡することが大切です。勝手に修理を依頼してしまうと、あとあとトラブルになる可能性が考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *