新型コロナウイルス感染症の静岡市の水道料金への影響

2020年に世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス感染症は、日常生活の様々な部分に影響を与えています。

これは、予定されていた仕事が次々とキャンセルになり、本来であれば得られている収入がなくなってしまったことが根本的な原因です。しかし、収入がなくなったとしても、税金や社会保険料、公共料金の支払期日は容赦なくやってきます。そこで多くの自治体やインフラ企業では、収入減少によってこれらを支払うことができない人が多数発生する可能性があることを考慮し、支払いの猶予や減免などの対応をとりはじめています。例えば、静岡市では水道料金を2020年6月に値上げすることを発表済みでしたが、市内で感染者が確認され、4月には国で緊急事態宣言が出たことを受けて料金改定を10月まで延期することを決めました。

既に予告されている新しい料金は2020年10月から適用されますが、ウイルス感染の広がりによってはさらに延期される場合があります。また、静岡市民で水道料金が支払えない場合は、静岡市上下水道局のお客様サービス課とよばれる部署に問い合わせれば必要な対応をとってくれます。市の公式Webサイトには措置の内容が具体的に記載されていませんが、一定期間の支払期限延期を軸に対応してくれるとみられます。対応してもらうための手続きでは、新型コロナウイルス感染症の影響を受けたことを証明できるものを何点か提出するよう求められる可能性があるので、収入や支出がわかる書類は破棄しないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *