シャワーヘッドのバルブが原因の水漏れトラブル

シャワーヘッドが水漏れする原因としていくつか考えられますが、バルブに問題がある時は新しいものに交換するだけでトラブルを解決することができます。

ドライバーがあればできるので、初めてでも是非トライしてみて下さい。まず、止水栓を閉じます。栓の場所は機種やメーカーによって違いますが、基本的に水栓本体と壁を繋ぐ脚部分についています。通常はマイナスドライバーを使い、右方向に回すと締められる仕組みになっているものが目立ちます。作業する前に栓を閉めて水が出ないように準備して下さい。続いて、切り替えハンドルを外す作業に取り掛かります。ハンドルはただ差し込んでいるだけのものから、ビスでしっかり固定されているものがあります。切り替えハンドルを取り外してから、ナットも取り外すために引き抜きます。ナットを取り外すと、バルブの軸が見えるので、引き抜いて下さい。

あとは新しいバルブに取り替えるだけでOKです。バルブの交換が済んでから、取り外したナットや切り替えハンドルを再び取り付け、元通りにしましょう。止水栓を開けて作業を完了します。やったことがなくても、こういった手順が分かっていれば、専門の会社に依頼しなくても割と簡単にトラブルを解決することができます。漏れるのはバルブのせい、とわかっている場合は自分で対応可能です。ただし、なぜ漏れるのが原因を突き止めることができない時は、プロにお任せした方が安心です。あれこれいじって状態が悪化することは避けたいので、トラブルに対応する自信がない時は相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *