配管内の劣化による水トラブルを避けよう

蛇口から出る水はトラブルが起きないよう、沈殿させゴミを取り除き次亜塩素酸ソーダで殺菌し細菌対策も行って、浄化されたものが各家庭にもたらされています。

しかし、配管の老朽化によって浄化された状態から質が悪くなって届いてしまうことがあるので注意が必要です。道路に埋設されている本管は、劣化が進んでいるところから順番に交換工事が実施されます。しかし、広範囲に埋設されているため十分に作業が進んでいない実情があります。また、家庭内の配管も劣化が進んでいるのに放置していると水質が悪化してトラブルに繋がることがあるので、状態の確認が必要です。透明度が落ちて赤く色づいているときには、配管内にサビが出ていることが考えられます。新しい建物では起きにくいですが、昔に建てられた家だとサビが発生する可能性が高いです。

単純に酸化しただけで、配管そのものの耐久性が維持されているのであれば、配管内を洗浄しサビを取り除くことで解決します。そのまま放置してサビが含まれている状態のまま使用を続けていると、体の不調など健康への影響が出かねません。給水管トラブルに対応できる会社の中でも配管内の洗浄を行えるのは、専門的な会社だけです。高圧洗浄装置を持っていないと、対応ができないからです。以前は薬品を使った洗浄が行われる場合もありましたが、より安全性を考慮して体に影響が出ない方法である高圧洗浄が使われることが多くなりました。圧力をかけるため、配管自体がもろくなっていると対応できません。調査の上、劣化が確認されれば洗浄よりも交換を行うことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *