蛇口からの水漏れトラブルの対処法

蛇口から水が漏れたなどの突然のトラブルが発生してしまうことがありますが、トラブルが起きた箇所とその原因として考えられるものを早めに知っておくことで、緊急時に慌てずに対処をすることができます。

蛇口からの水漏れの場合、ハンドルやレバー、吐水口、パイプなど漏れている場所によってトラブルの原因は異なります。ハンドルやレバーから漏れている場合、ナットやボルトの緩み、パッキンなどの劣化が考えられます。ナットやボルトの緩みが確認できる場合は、その箇所を締め直すだけで症状が収まります。また、パーツの劣化が原因の場合は、交換が必要になります。メーカーによっては、ネットやホームセンターなどで比較的簡単に入手することができることもあり、パーツを入手できれば自分で交換して直すこともできます。吐水口からの漏れが原因の場合フィルターやカードリッジが汚れてしまっていることが考えられるので、交換をすることで症状が収まることが多いようです。

パイプからの漏れは、ナットなどの緩み、パッキンなどの劣化、フィルターやカードがあるリッジなどの汚れのいずれかが原因であることが考えられます。ナットの緩みやパッキンなどの劣化によるものの場合、パーツを入手することで自力での修理が可能です。フィルターやカードリッジの汚れが原因の場合、蛇口を分解しなければならないので、自力での修理が難しい場合には業者に依頼することをおすすめします。蛇口の壁面部分から水が漏れてしまっている場合は、蛇口に接合しているパッキンやネジに巻いてあるテープが劣化していることや配管内部自体が詰まっていることが考えられます。シールやパッキンの交換は自力でも可能ですが、配管の詰まりの場合は汚れをうまく取りきれなかったりすることがあるので、無理せず業者に依頼することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *