渋谷でおすすめの歯医者
2019年3月18日

表参道の予防歯科で歯を守ろう

表参道の歯医者さんでは虫歯の治療だけでなく、予防歯科に力を入れています。

これは小さな虫歯がやがて歯を抜かなければならない事態にまで悪化する可能性があるからです。高齢者の中には入れ歯になっている人が大勢います。これは突然入れ歯にしなければならない事態に陥ったのではなく、初めは虫歯だったのが、それが悪化し、最後は抜かざるを得ない状態になってしまったからです。なぜそのような事態に陥ってしまうのかと言うと、虫歯になると悪い歯を削って、最後に詰め物をかぶせます。

これですべての治療が終了し、問題はなくなったかのように思うかもしれませんが、詰め物をする際に菌が混入してしまったり、あるいは詰め物と歯の間にできたミクロの隙間から菌が入り込み、歯の奥で新たな虫歯が進行してしまうのです。これがとても厄介で、気が付いたときには、神経や歯の根まで菌に侵され、炎症を起こすことになります。歯の根が炎症を起こすようになると、一旦は治療して炎症を抑えることができますが、再びぶり返すことが多く、そうなると歯を抜くのは時間の問題となります。

そうならないためにも、表参道の歯医者さんでは虫歯にならないための予防歯科に力を入れているわけです。このような理解が進むにつれて、定期的に歯の健診を受けるために表参道の予防歯科を訪れる人も増えてきています。虫歯が一本もないという人でも、歯周病になるリスクはありますので、定期的に歯垢、歯石を除去することは大切です。口臭予防にもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *