渋谷でおすすめの歯医者
2018年9月15日

痛みの少ない矯正とは

歯並びをきれいにしたいけど、矯正に踏み込めないという人は意外と多くいます。

その主な理由は、治療費が高い、装置が目立つ、そして痛みが強そうという三つです。確かに、ワイヤーの装置が口の中にあれば、粘膜に引っかかり、痛みが強そうに見えます。しかし、最近では、できるだけ痛みの少ない矯正治療が行われています。ワイヤーも以前使われていたものより細いタイプが主流になり、歯茎や粘膜、舌などに当たっても違和感を感じにくいようになっています。

歯につける装置とワイヤーをわざと固定しないようにしておくことで、歯がより動きやすくすると共に、痛みも少ないという装置もあります。装置の中には、奥歯に金属を一周巻きつけて固定するものもありますが、これは歯と歯の間に金属を入れるために違和感と痛みを感じやすいものでした。

最近では、一周巻きつけるのではなく、歯の裏側の一部だけを押さえるよう変わってきています。装置が当たって痛む場合は、ワックスをつけてすべりを良くするなどの工夫もしています。また、ワイヤーを使わない矯正装置も登場しました。透明なマウスピースを使った治療で、取り外しができるために食事の際の違和感がありません。

指定された時間、口の中に装着する必要がありますが、目立つことなく、痛みも大幅に減少した矯正治療として注目を集めています。まだ新しい方法で、全ての歯科医院で導入しているわけではないので、治療を希望する場合は取り扱っているかの確認をした方がいいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *