渋谷でおすすめの歯医者
2018年9月12日

矯正で抜歯が必要な時

矯正をするときに、抜歯をしなければいけない時と、しなくても治療が可能な時があります。

できれば歯を抜かずに治療をしたいと思う人がほとんどですが、両者の違いはあるのでしょうか。まず、歯並びが悪い原因ですが、顎の大きさに対して、歯が並びきらないというアンバランスから起きることがほとんどです。

顎という決まったスペースの中に歯が並べないと、ガタガタとした歯並びになってしまいます。アンバランスは、出っ歯にも当てはまります。歯並びは良くても、歯が前に出ている状態が出っ歯です。出っ歯を内側に戻すためには、その分のスペースが必要になります。

そのような時は、抜歯をして必要なスペースを確保してから矯正の治療が始まります。抜歯しない矯正に人気が集まっていますが、必要な抜歯をしないで、無理やり治療すると、後になって元の歯並びに戻ってしまう後戻りが起きる確率が高くなります。必要な抜歯は行い、スペースを確保しなければ、せっかくきれいになった歯並びも悪い状態に戻ってしまいます。

歯並びは目立つ前歯ばかりに気を取られてしまいますが、無理やり矯正したことで、奥歯の歯並びが悪くなってしまうこともあります。奥歯は見た目にはそれほど影響しませんが、噛むと言う大事な機能を持っています。噛み合わせもおかしくなってしまうので、決してないがしろにしてはいけません。矯正で抜歯する歯は、小臼歯という目立たない部分の歯で、抜いたことはほとんど気づかれる心配はありません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *