渋谷でおすすめの歯医者
2018年9月6日

渋谷で骨盤矯正しよう

整形外科は、一般的には美容整形などの人間のコンプレックスを克服するために利用される手術という認識が非常に強いです。

しかし、整形外科そのものは列記とした医療の分野であるため医療に関連する手術ならば保険の適用があります。では、なぜ同じ整形外科であっても美容整形の分野に関しては保険の適用がないのでしょうか。

これには、日本の保険の考え方の違いが関係しています。日本の保険というのは、国家から病気と認定されたものしか適用を受けることができないというデメリットがあります。日本は先進国でありながら他の国の医療よりも遥かに発展が遅いと指摘されていますが、これはこうした医療の制度に大きな問題点があるからです。

日本の場合は、先進的な技術や新しい病気に関する対策が非常に遅い傾向にあります。アメリカなどではすぐに臨床を始めて現場にその医療技術を導入するのですが、日本には様々な法律が関連しているのでそのようなことができないという側面があるのです。

例えば、男性ホルモンによって生じる男性型脱毛症による脱毛症では保険の適用はありませんが、精神的なダメージによる円形脱毛症に関しては保険の適用があります。これらの違いは先進的であるかそうではないかの違いであっても、身体に対する何らかの原因がダメージを背負っていることに違いはありません。

しかし、国家がそうと認定しないと保険の適用が無いので矛盾した保険の適用が生じてしまうわけです。整形外科も同じで、事故などによって外的なダメージを受けたときには美容整形と異なって保険の適用を受けることができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *